ネットワークビジネスの勧誘は全力で断れ!

ネットワークビジネスがどんなものか知りたい。
ネットワークビジネスで本当に稼げるのかな。

こういう疑問にお答えします。

こんにちは、テルです。

今回は、ネットワークビジネスの勧誘を受けて実際にやってみた
私の過去の経験を書いていきます。

この記事を見ている人の中には、ネットワークビジネスの誘いを受けたけど、どうしようかな?

そう悩んでいる人がいるかもしれませんね。

結論を言うと、ネットワークビジネスの誘いは全力で断れ

やらない方がよい理由については、以下の体験談をぜひ読んでみてください。

目次

ネットワークビジネスをやっていた時期

時期は西暦2000年ごろに3ヶ月程度やっていました。

当時の年齢は23才です。

その頃は、携帯電話が1人1台が当たり前になりつつある時代でした。

テル

私はそのころはPHSを使っていました

もうPHS って何なのか知らない人もいそうですね。

もう20年も前のことになりますが、ネットワークビジネスをやっていた時期にPHSを使っていたことはよく覚えています。

なぜネットワークビジネスを始めたのか?

突然の電話

ネットワークビジネスを始めるにいたったキッカケは

数年ぶりに突然かかってきた高校時代の友人からの電話です。

昔の友達から突然連絡がある時は、こういった勧誘の話だというのはよくある話。

最初からやけに高いテンションで話しかけられたことを覚えています。

「久しぶり!」「元気にしてる?」なんてありきたりの挨拶もそこそこに

とうとつに話を始めます。

『フェラーリが買えるプランがあるんだけど聞きにいかない?』

フェラーリが買えるプラン?

テル

最初はそれがビジネスの話をしているのだと分かっていませんでした。

その話を聞いた時は

フェラーリが分割だったら買えるから具体的な話を聞きにいかない?

そんな話だと理解しました。

私は小さい頃から乗り物。特に車が好きでした。

道路を走ってる車をいつまでも眺めている子供でした。

幼稚園児くらいのころには、道路を走っている車の車種までしっかり言い当てていたそうです。

テル

そんな性格は息子にもしっかり受け継がれています(^^)

そんな車好きの私。

高校の時には、高校の近くにあった中古車センターに飾っているホンダのNSXを毎日のように眺めていました。

その電話があった友達とも

いつかはこんな車に乗ってみたいと、よく二人で話していたのを覚えています。

もちろんフェラーリなんてあこがれです。

正直なところ、まだ会社に努めて数年のころであり

フェラーリなんて仮に買えたとしても、給料の大部分をフェラーリに捧げないといけない。

さすがにそれはできないなと思っていました。 

それでも友達がとても興奮気味に話していて、

まあ自分は買うことはないけど、その友達の付き添いで話を聞いてみるぐらいはいいかなと思いました。

その勘違いのままに、話を聞きにいく約束をしその日は電話を切ったのでした。

友達との待ち合わせ

当日は友達と待ち合わせをしてから、話を聞きにいく場所に向かいました。

フェラーリを買う見積りをしてもらうという勘違いをしている私は

向かう先が近くのファミレスだと聞き違和感を覚えます。

「フェラーリの見積りをしてもらうんじゃないの?」

そう聞いたら、

「そうじゃなくてフェラーリが買えるぐらいの収入が得られる話」と返されます。

テル

そこでようやくビジネスの話なのだと気づきました

理解したところでファミレスに到着。

1人の男性が待っていました。

爽やかで、おかあさんといっしょの歌のおにいさんのような人でした。

ネットワークビジネスの勧誘

最初に聞いたのは携帯電話の歴史の話でした。

外で電話するには電話ボックスが当たり前の時代から

今ではPHSや携帯電話を1人1台持つのが当たり前の時代になった。

このような生活の革新が、これからはインターネットで来る

テレビ電話が当たり前。
インターネットで自宅にいながら生活用品などの買い物ができる。

こんな時代が携帯電話が普及したのと同じくらいのスピードでやってくるという話でした。

テル

今では当たり前にできていることですが、その頃は確かにそうなりそうだなと感心して聞いていました。

そしてこのビジネスでは時代を先取りし、テレビ電話や買い物ができるPC型の端末を販売しているとのことでした。

この端末でできることは、

テレビ電話
Amazonや楽天のように買い物ができる独自の通販サイトへの接続

といったところでした。

このパソコンは1台35万円程度の値段でした。

 

それから具体的なビジネスの話に移ります。

まず最初にネットワークビジネスとはなんたるかの話があり、
これはねずみ講ではないんだよ!と念を押されます。

自分が紹介した人が、この独自端末を買ったり、
独自の通販サイトで買い物をすると、その金額に応じてキャッシュバックが発生するということでした。

ひとまず自分が35万円の端末を買わなくても、紹介した人が買えばお金が入るし、

今後はインターネットで買い物するのが当たり前の時代になるから、

通販サイトで買い物をする人も増えるし、車なんかも買えるようになるだろうから
「とても可能性があるビジネスだよ」と力説していました。

このビジネスはグループで行っており、うちのグループはとてもすごい人が代表をやっているのでとても有望だし、サポートは万全なのでぜひやってみようと誘いを受けます。

ひとまず2000円で登録できるから、登録だけでもしておこうという話でした。

登録だけならいいかと思い、今いるファミレスの近くにあるその会社のビルに行きました。

小さなビルでしたが、全てのフロアがその会社の事務所であり、ちゃんとしたところなのかなとは思いました。

そこで申込書を書いて2000円を払い。この日の勧誘は終わりました。

話を聞いた感覚としては、このビジネスでフェラーリが買えるような収入が得られるとは思いませんでしたが

将来的にインターネットが普及するという未来には現実味があり

みんながインターネットで買い物をする時代がくれば、少額でも稼げるかなと思ったのが申し込みをした理由でした。

ビジネスのグループの人たちと会う

ビジネスの登録をしてから数日後、紹介してくれた友達から連絡があり

グループの集まりがあるから来ない?と誘いを受けました。

連れられて行ってみたら、そこはガレージ付きの一軒家

ホームパーティのように10人程度の人が集まっていました。

私のようにビジネスを始めたばかりの人も数名いて、参加者を紹介してもらったりしながらの普通の飲み会のようでした。

ガレージには高級車がとまっていたりして、グループの上位の人から、「成功したらこんな車も普通に買えるし生活が変わるよ」なんて話だったり、グループのリーダーはテレビにも出ているとか、さまざまな武勇伝を聞きました。

雑談しながらも「この35万円の端末はビジネスに取り組むなら買ったほうがいいよ」とおすすめもされました。

それはやんわりとかわしつつ、その日は楽しくすごしました。

別の日には、そのグループのリーダーの人の高級マンションにも行かせてもらいました。

おしゃれなマンションの高層階。

当時でたばかりのプレイステーション2とソフトが沢山置いていたのが目につき

ゲーマーな私は花火を打ち上げるゲームをやらせてもらいました。

テル

そこで初めて例の35万円のPC端末を生で見ました。

独自の販売サイトは、今のAmazonのように画像があったり、説明文やレビューがあるようなサイトではなく、テキストオンリーでお菓子だったりジュースだったりを販売しているのだけのサイトでした。

買い物は単品買いはできず、箱単位の注文しかできないようで

その家には箱買いのポテトチップやジュースが置いてあり、

「この端末で買ったものだよ」

「値引きされて安く買えるし、とても便利だよと」

と話していました。

グループのリーダーの人は雰囲気で言えばローランド様のような感じで、仕事はできそうだし、成功者のオーラーに満ちていました。

今から思えばホームパーティだったり、高級マンションに招かれたりしたのは、こういう実際に成功している人の姿を見せてビジネスに対して信用させるような意図があったのだと思います。

ネットワークビジネスのセミナーに参加

それからグループのリーダーの人が主催するセミナーにも参加しました。

セミナーはとあるホテルの会場で行い、セミナーをおこなってそのまま一泊するというものでした。

このセミナーの参加には1万円が必要でしたが、ビジネスの説明をしてくれた人から、とても勉強になるから絶対行ったほうがいいと強くおすすめされたので行くことにしました。

まだビジネスのことがよく分かってないと思うので、「しっかりと洗脳されてきて下さいね」との言葉をかけられます。

「洗脳とは読んで時のごとく、脳を洗うことで固定観念を捨て去り、成功脳に変わることができるんですよ。」

そう説明されました。

セミナーの内容は?

セミナーの内容は、4人の成功者が登壇しスピーチをするというものでした。

これはラリーと呼ばれていて、セミナーというよりは大規模な集会といった感じでした。

私が所属しているグループだけでなく、他のグループの人も集まっており200人ぐらいはいたと思います。

最初に新規でタイトルアップした人の表彰があり、その後、メインのスピーチが始まりました。

ビジネスを始めてから、成功するまでの苦労話だったり、どんな取り組み方でランクアップしていったのかを話していました。

登壇者は、グループ内の成功者や他のグループからもゲストスピーカーが参加したりして、最後にグループのリーダーがスピーチをしました。

それぞれ登壇者のスピーチはすばらしく。さらに最後のリーダーのスピーチは圧巻で、音響効果も効果的に使っており、とても感動的な内容でした。

セミナーのあとは?

ホテルで一泊の予定だったので、セミナーのあとはそれぞれのグループで集まってビジネスを進める話をします。

鉄は熱いうちに打て!

その名の通り、熱いスピーチを聞いて興奮しているところに一気にビジネスを加速させようとしてきました。

私も今後どうやってビジネスを進めて行くのかコンサルを受けました。

ビジネスを一緒にやりたい人をリストアップしたり、どのように誘えばいいのか具体的なアドバイスも受けます。

それからあらためて独自のPC端末の購入もすすめられます( ̄▽ ̄;)

他のネットワークビジネスだとかは、いろんな商品があるのでしょうが、私がやっていたビジネスでは扱っている商品がこの35万円のPC端末のみ。テレビ電話ができるので2台買ったら60万円に割引されるし2台買ったら?なんておすすめされました。

ビジネスとしては、現状では独自の通販サイトの稼働は少なく、購入できる商品のキャッシュバックでは、ほぼ稼げない状態であったので、結局は勧誘した人にこの端末を買ってもらうしかないのが現状でした。

なのでPC端末の購入は熱心にすすめられました。

お金がなければ、カードローンを組んででも買った方がいいと詰められますが

私はさすがに借金してまで購入しようという気にはなりませんでした。

将来的に月1000円でも2000円でも小額が稼げたらありがたいなというぐらいの思いだったので、私は頑として購入しないですすめると意思を強くもっていました。

ネットワークビジネスに取り組む

私は友達は少なく、リストを作成するも誘える人数はあまりいませんでした。

リストアップできたのは7名程度。

私のビジネスへの思いは、インターネット通販が当たり前の世の中になった時に小額でもキャッシュバックを受けられて生活の足しにできればいいなという程度でした。

セミナーを受けてみて、成功している人は何かが違う。私はあのようにはなれないと思いました。

なので私が誘った人にはありのままを話しました。

(本来のマニュアルであれば、多くを語らずとにかく誘い出さなければいけなかった)

大きくは稼げないけど将来的に小銭くらいは稼げる可能性があるので一緒にやってみない?

このようなニュアンスで誘いました。

その中で1人だけ話を聞いてくれることになり、私が説明を受けた人から話を聞いてもらったり、ラリーという集会にも来てもらったりもしました。

ですがその人は結局ビジネスを始めませんでした。

ネットワークビジネスの現実

そうやって活動していくなかで現実が見えてきます。

とにかく大変なのがすごく時間を取られること。

活動できるのは、仕事が終わってからになるので、必然的に夜遅くなります。

勧誘には2、3時間はざらにかかるし、終電やタクシーになることもしばしば。

私自身はあまり誘える人がいなかったので、すぐに頭打ちになり、活動が辛くなってきました。

成功したいと思ったら必死になれ!

必死とは【⠀必ず死ぬ⠀】と書く。

死ぬ気になったら何でもできると、とにかくはっぱをかけられます。

相変わらず端末も買え買えと迫られる。

誘った友達との関係も悪くなるし、お金を稼げる目処も立たない。

逆にセミナーの参加にお金がかかるし、何といっても時間が取られる。

将来的に少額のお金を稼ぐ目的よりも、失うものの方が多いことに気づきました。

もう辞めようと思いました。

ネットワークビジネスをやっている時によく言われていたことがありました。

突然電話に出なくなる人がいると。

私にもそういう対応はしてはダメだよと口すっぱく言われていました。

でもここにきて分かりました。

そうされるのが一番辛いのだなと。

辞めようと思ったら電話にでないのが1番なのだなと。

電話に出てしまったら、辞めようと思っていても、すべて論破されてしまい辞めさせてもらえないことは目に見えていました。

もう辞めよう。

そう思ってからはもう電話にでれなくなり、そのままフェードアウトするようにネットワークビジネスを辞めました。

まとめ

ネットワークビジネスをやってみて分かったことは、当然高級車が買えるような金額は簡単に稼げるわけがないということ。

今回私が勧誘されて始めたビジネスでいうと、実際に稼げている人はごく一部だったと思います。

稼ぐためにはランクアップすることが必須であり、ランクアップするためには一定の売り上げが必要です。

その売り上げは1ヶ月単位で計算されるため、月をまたいでしまったらリセットされる。

そのため、もう少しで届きそうだけど、勧誘だけでは到達できない。

そんな時には自分で買い込んだりもしているんだろうなと思いました。

そうやって辞められなくなり、どんどん泥沼にハマっていくのです。

稼げる人よりも、多額の借金を背負う人の方が多いのが現実です。

なので絶対に誘いにのって始めてはいけません。

 私が実際に見た稼げている人の特徴は

  • 初期段階からはじめていた人
  • 人をいっぱい勧誘しやる気にさせることができるカリスマ性のある人

この2パターンだけです。

  • あなたがビジネスの経営者とつながりがある
  • 芸能人のように圧倒的な集客力がある

こんな人でなければ絶対にやっちゃダメです。

時間のムダです。

ネットワークビジネスを始めるくらいなら、今だとプログラミングや動画編集なんかを学ぶ方がよっぽど稼げます。

 

あとから調べてみたら、私がやっていたビジネスの会社は、私が辞めたあと2回社名が変わり、その後の消息は不明でした。

ビジネスはどんどん先細りしていき、リニューアルしてなんとか持ちこたえようとしたけど結局破綻したのかなと思います。

 

世の中に簡単に稼げる甘い話はない。

 

それだけは声を大にして言いたいです。

この記事がみなさんの大切な人生の役に立てればと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

6歳と3歳の2児のパパ
自身の体験を元に、読者にとってプレゼントとなるような記事を書いています。
子供たちの人生がよりよいものとなるように思いを込めて、子供たちに向けての記事も書いています。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる